• 経営計画書
  • キャリアプラン
  • 先輩社員からのメッセージ

前田 藍 行政書士

前田 藍 行政書士

①ひょうご税理士法人を選んだきっかけ

kojima 私は異業種から転職してこの業界に入ってきました。行政書士試験に合格してから転職先を探しましたが、行政書士事務所の正社員の求人が非常に少なく、他士業事務所での行政書士業務の求人を探したことがきっかけです。ちょうど当事務所が税理士業務以外に行政書士業務の部門を新規設立しようとしていたことを知り、ご縁があって入所することになりました。  

②現在の業務内容

私は今、大阪梅田駅前の支店で税務以外の手続き業務(相続や遺言)を担当しています。行政書士の仕事は書類の作成と思われることが多いのですが、重要な仕事はお客様との相談業務です。安心してご依頼をいただくためには、初回相談でしっかりとお答えしなければなりませんので、知識や経験も必要になってきます。また、他士業と連携して進める仕事も多くありますので、広い視野を持つことも重要ですね。

その他、セミナー講師として様々なところで講演活動も行っています。しっかりと未来への種まきをすることも大切な仕事の一つです。

③業務におけるやりがい、今後チャレンジしたいこと

kojima 相続手続きは、誰かが亡くなったことによって発生しますので、どうしてもその場限りのスポット業務になります。そのため、相続手続きが終わってひと段落したお客様から、今度はご自身の遺言書を作りたいとご依頼いただいたときは本当にうれしいです。私たちの仕事が評価してもらえたと実感できる瞬間です。

今後は、もっと相続が発生する前の対策として、遺言書の大切さを広める活動を積極的にしていきたいと思っています。実はその一環として4コマ漫画のブログを始めました。

④代表の妹尾先生はどんなひと

kojima 代表は、全ての行動において一般人の3倍くらいのスピードです。歩くのも速い、話すのも速い、頭の回転も速いので、私はついていくのに必死です。また読むのもとても速く、様々なジャンルの本を毎月たくさん読まれ、情報収集をされています。知識も経験も豊富な代表ですが、それ以上に、新しい事に対する好奇心に驚かされます。見習うべきところが多すぎて一言では語れません。

⑤ひょうご税理士法人の強みや自慢できること

kojima 何といっても長年の豊富な実績だと思います。塚口本店の3階書庫には過去の申告書のファイルがズラリと保管されていますが、事務所の歴史が詰まっているといっても過言ではないです。難しい案件も数多く取り組んできた実績がありますので、機会があれば先輩社員に直接聞いてみてください。きっと何時間でも武勇伝が聞けると思いますよ(笑)

⑥これから一緒に働くメンバーへひとこと

私は第一子出産のために約1年のお休みをいただき、その後職場復帰をして今は時短勤務として働いています。 妊娠中は周りからの暖かなフォローのおかげで、無理せず最終出勤日まで元気に働き続けることができました。そして、休みの間、職場から仕事の問い合わせがくることや、出勤を要請されることは1度もなく、子供とゆっくりとした時間を過ごすことができました。

また、長く休みをいただいた後の職場復帰はとても緊張するものですが、ひょうご税理士法人では、復帰の時期や、勤務形態(フルタイムか時短かなど)を、上司と相談しながら決めることができましたので、安心して復帰することができました。今は、相変わらず周りにフォローしてもらいながらですが、家事育児とのバランスを考えた仕事をすることができています。

男女に等しくチャンスを与えてくれる職場ですし、実際に多くの女性が活躍していますので、皆さん安心してチャレンジしてくださいね。

kojima

 

社員インタビュー

  • 代表 妹尾 芳郎
  • 入社3年目 三浦良太
  • 入社7年目 千原健司
  • 入社3年目 中井彩紀子
  • 入社2年目 坂本莉奈
  • 入社3年目 加藤沙織
  • 入社2年目 中井雅基
  • 入社4年目 兒島友里江
  • 入社11年目 木戸邦彦
  • 行政書士 前田藍
  • お問い合わせ
  • エントリーはこちら